お知らせ
消費税増税と住宅購入
消費税アップのスケジュール

どのタイミングで住宅購入を決めれば、税率5%が適用されるのでしょうか?
今回のスケジュールは未定ですが、前回の税率アップ(3%⇒5%)にならうと、税率アップの半年前までの請負契約(注文住宅の契約)なら、従前の税率が適用されました。

消費税アップによる負担額

消費税アップの影響は、建物価格の税負担増だけにとどまりません。建物以外の様々な場面で税負担が増します。

1. 建物の税負担額アップ

【建物価格:2,000万円(税抜)の場合】

2. ローン負担額アップ

【建物価格:2,000万円(税抜)の場合】 ※ 金利1.99%(MCJフラット35平成24年8月実行金利)

3. 建物以外で税負担額アップ

【外構150万円 + カーテン40万円 + 家具30万円 + 家電30万円 = 合計費用:250万円(税抜)の場合】

4. あらゆる面で税負担額アップ
▼ローン申し込み手数料

【ローン申込手数料:3万円(税抜)の場合】

▼火災保険料

【建物価格:2,500万円(税抜)の場合】※35年間の火災保険、5年間の地震保険込みの試算

▼引っ越し費用

【1回:10万円(税抜)の場合】

※ 掲載の情報は、平成24年9月15日時点のものです。
※ 掲載の内容は、制度運用中でも変わる場合がありますので、ご了承ください。
ページの先頭へ戻る